高い水準の売上高

パソコンを打つ男性の手

エスビーティーは中古車輸出販売業者として非常に高い水準の売上高を誇るようです。それは、中古車輸出台数の数の推移を見ても理解できるでしょう。そして、そこからこれから先も売り上げが伸びることを予測できます。

お花畑の中のパソコン

好調な売り上げを上げる

パソコン操作をする男性

「セイヤド・ブラザーズ・ドレーディング・カンパニー・リミテッド」。これが今飛ぶ鳥を落とす勢いで有名になっている中古車輸入業車「エスビーティー」の元の名前なのです。
エスビーティーといえば、柳田裕一氏を筆頭とした典型的なワンマンな企業というイメージを持つ人も少なくありません。
実際に、柳田氏の権力は非常に強いといわれているようです。
ですが、このエスビーティーも元をただせば、柳田氏とその兄弟が共同経営者となっていた会社だったのです。これに関しては、以前の会社名を見れば一目瞭然でしょう。
セイヤド・ブラザーズ。これが、柳田氏の元の名前。元は、セイヤド・ヤディーク・アリィ・シャーという名前だったようで、出身も日本ではなくパキスタンとなっております。
もともと兄弟が共同経営者となっていましたが、共同経営者から解任となり、今では完全なワンマン体制となっているわけです。
もちろん、代表が柳田氏一人であるから、ワンマン経営であるというわけではなく、あくまで推測の域を出ません。
しかし、エスビーティーのグループ会社からの不自然な投資などを見てみると、どうしてもワンマン経営の傾向が強いのではないか?という疑問も生まれてくるのです。
当サイトでは、このエスビーティーという会社についてや、柳田氏の行った投資について紹介していきます。
いろいろな噂を呼んでいるからこそ、適切に知識を身につけて判断するということが重要になります。

筆頭株主となる

パソコンを操作する女性

エスビーティーの代表である、柳田祐一氏は、投資にも余念がありません。投資を行いさらなる利益を生み出す。それこそがこれからの時代においては必要不可欠なことだといっても過言ではないでしょう。

積極的な社会貢献

キーボードを打つ女性の手

エスビーティーでは、社会貢献も積極的に行われています。ここで、エスビーティーの行っている社会貢献に関しても、紹介していきます。様々な国へと支援や救援物資の送付を行っています。